活用事業のご紹介

宿泊施設のバリアフリー化を支援しました

②宝を磨き活かすプロジェクト
2018.05.18
ふるさと寄附での充当金額 6,000,000

【活用事業:観光施設バリアフリー化支援事業】

本市を訪れる観光客の多くは、40代以上であることや市内の宿泊施設の多くは、老朽化していることから、施設のリニューアル化と交流人口の拡大を図るために、バリアフリー化を行う施設に対し補助する。

【事業内容:施設のリニューアル化と交流人口の拡大を図るために、バリアフリー化を行う施設に対し補助】

3件
■旅館田の浦温泉
  全体事業費3,304,800円(補助額2,000,000円)
 ・2階客室縁側の段差解消
 ・2階客室トイレ入口扉の改修
 ・2階客室浴室の手摺り設置等

■平戸ユースホステル グラスハウス
  全体事業費3,117,560円(補助額2,000,000円)
 ・2階トイレ入口扉の改修及び段差解消
 ・2階トイレの洋式化

■ゲストハウス シーサイドひらど
  全体事業費3,364,180円(補助額2,000,000円)
 ・1階玄関入口の車椅子用リフト設置
 ・1階、2階客室の段差解消
 ・1階浴室及び通路の手摺り設置
 ・1階トイレの洋式化等

平戸城大規模改修を実施しました

②宝を磨き活かすプロジェクト
2018.05.18
ふるさと寄附での充当金額 19,440,000

【活用事業:平戸城大規模改修事業】

建築後50年以上経過し、老朽化している平戸城の改修を行うことにより、イメージアップを図る。

【事業内容:平戸城の老朽化に伴う改修】

平成30年度から3ヵ年で平戸城の改修を行うため、平成29年度は修繕箇所の調査及び改修工事の実施設計業務を委託しました。
【対象施設】
平戸城天守閣・天守閣横休憩所・本丸御門・見奏櫓・懐柔櫓・狸櫓・地蔵坂櫓・乾櫓・北虎口門・北虎口書院・塀


AEDを設置しました

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト
2018.05.18
ふるさと寄附での充当金額 268,974

【活用事業:AED設置事業】

市内保育所等の児童福祉施設にAEDを設置し、児童・生徒の安心・安全な教育・保育環境の整備を図る。

【事業内容:AED購入・設置】

事業箇所数:2箇所(児童館1、放課後児童クラブ1)
AED本体、付属品(バッテリーパック、除細動パッド(成人・小児兼用)、AED用キャリングバッグ、応急セット(蘇生用マウスピース、感染防止用手袋、タオル、除毛用具、着衣除去用ハサミ等)、定期交換品(バッテリー、除細動パッド)

子ども(小・中学生)の医療費を軽減しました

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト
2018.05.18
ふるさと寄附での充当金額 24,662,430

【活用事業:福祉医療給付事業(児童)】

子ども(小・中学生)の医療費の一部を支給することにより、当該患者及びその家族の経済的負担の軽減し、子育てしやすい環境をつくることで、子育て世代の定住・促進を図る。(平成29年度から小・中学生現物給付実施)

【事業内容:小・中学生の医療費に対する助成】

償還払い:4,241件、8,697,347円
現物給付:10,993件、15,242,942円
合  計:15,234件 23,940,289円
事務費 :722,141円

子育て支援車を導入しました

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト
2018.05.18
ふるさと寄附での充当金額 2,312,390

【活用事業:子育て支援車導入事業(総合戦略)】

放課後児童クラブは、田平地区において、田平北小学校区域内にある田平北小学校放課後児童健全育成施設のみであることから、田平東小学校及び田平南小学校の児童が安全に放課後児童クラブに通所出来るように学校間通所を行う車を購入し、施設を管理運営するNPO法人に無償貸与を行う。

【事業内容:放課後児童クラブに通所出来るように学校間通所を行う車を購入】

放課後児童クラブの地区外通所送迎車の整備
10人乗りワゴン車 1台  2,312,390円
内訳  看板ステッカー   3,240円
    自賠責保険     36,780円
    リサイクル料金   10,250円
    ニッサンキャラバン 2,212,920円
    公課費       49,200円

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17