特典番号 H116

甕貯蔵本格芋焼酎「平戸街道」~ひしゃく付~

必要ポイント12,000pt

~最教寺の湧き水と根獅子の米で造ったこだわりのお酒です~
黄金千貫を使った芋焼酎を瓶に貯蔵したプレミアム商品。専用のひしゃくを付けてすぐに飲めるようにしています。ホームパーティーに最適です。

提供企業 有限会社 森酒造場
セット内容 ・甕貯蔵「平戸街道」(5,400ml/25°)

【アレルゲン表示】なし
アレルゲン
発送方法 常温

カートへ追加

生産者ストーリー

継ぎ絆がる(つなぎつながる)酒造り
(有)森酒造 専務 森雄太郎さん
森酒造場は、明治28年「小松屋」の屋号で「森 幸吉」が創業し、清酒「菊の露」・焼酎「仙滴」の銘柄で親しまれました。昭和30年代に法人化し、「有限会社 森酒造場」へと屋号が変わり、メインブラ ンドも「菊の露」から「豊年」に、そして「飛鸞(ひらん)」へと変わりました。

蔵を開いて123年の森酒造場で生まれた五代目雄太郎さんは、小さい頃からお酒を造りたいという想いから、地元の高校を卒業後、広島大学工学部・同大学院(酒類総合研究所)でお酒造りについて勉強してきました。その後、宮城県にある浦霞醸造元株式会社佐浦で3年間修業をするなど、9年の勉強・修業を経て、2017年4月に平戸に戻り、今は杜氏として働いています。
現在の目標は「平戸のものだけでお酒を造る地域循環型の酒造り」と「平戸に人がたくさん来てくれる酒蔵イベントを開催する」こと。協力してくれる平戸の農家さんと出会えたことで、地元の米だけで酒造りをおこなっていけると確信したと言います。毎日無料で蔵を開放し、観光客に平戸の地酒に親しんでもらう取り組みもしていますが、さらにたくさんの観光客を呼べるようなイベントも開催したいと考えているそうです。

生産者ストーリー

お礼の品の特徴

お客様の好みに合わせて、幅広い商品をお届けしたい
お酒は、生活する上で必ず必要なものではありませんが、おもてなしの際、疲れてる時など、いろんなシチュエーションにおいて人を笑顔にしてくれる、幸せな気持ちにしてくれる素晴らしいアイテムです。この考えのもと、日々酒造りに励んでいます。
嗜好が多様化している時代なので、日本酒、焼酎、リキュールの幅広いラインナップで皆様の嗜好に応えていける酒造りを考えています。

お礼の品の特徴

平戸のものだけで作っていきたい

雄太郎さんはすべて平戸のものでお酒を造っていくことが目標だそうです。森酒造ではもともと平戸のものでお酒を造りたいという考えはありましたが、雄太郎さんがUターンで帰ってきたことにより、実際に動き出そうとしています。酒米を作っている農家さんや、リキュールを作る際に必要な果物農家さんなどの地元の人と連携していけるように、話し合いを進めているそうです。

来期から本格的に、”すべて平戸のものを使ったお酒”に切り替えていけるように頑張っています。

生産者ストーリー

お酒は毎年味が変わるので、それを楽しんでもらいたい

森酒造場は、伝統の酒造りを未来へ継承していき、人との絆(つながり)を大切にする酒造りをおこなっています。
平戸の湧水や平戸の農家さんたちの想いもお酒を通じて皆様にお伝えできればと思います。

生産者ストーリー