特典番号 H119

じゃがたらお春・かぴたん(特別限定酎)

必要ポイント3,500pt

~創業元禄元年(1688年) 全日空ファーストクラスの機内酒にも採用された実績を持つ日本最西端の酒蔵がお届けするこだわりの美酒~
大麦100%の本格焼酎を1964年(昭和39年)より貯蔵を始め、本格焼酎の先導役になって欲しいと願いを込めた「かぴたん」と長崎県特産じゃが芋100%のじゃがいも焼酎「じゃがたらお春」。

提供企業 福田酒造株式会社
セット内容 ・じゃがたらお春(じゃが芋焼酎) 1本(720ml/25°)
・かぴたん(長期貯蔵麦焼酎)   1本(720ml/35°)
※化粧箱入り

【アレルゲン表示】なし
アレルゲン
発送方法 常温

カートへ追加

生産者ストーリー

1688年創業の酒蔵を受け継いでいく
創業元禄元年(西暦1688年)、平戸藩主より日本酒『福鶴』の製造許可を受けて創業した300年の伝統ある酒蔵。

そんな古い歴史を持つ福田酒造に生まれた信治さんは、高校卒業後、酒造りを学ぶために東京にある大学の醸造学部に進学しました。その後は、岐阜の酒蔵で就職し、3年半修業したのち、平戸に戻ってきました。現在は兄、竜也さんと二人で後継ぎとして働いています。

平戸には大学がないため、若者が外に出てしまい、人口がどんどん減ってきています。平戸の南部のほうになるとその状況はもっと深刻になっています。今は、少しでも昔のような活気を取り戻せるように、観光客向けのツアーも受け入れたり、物産イベントに積極的に出品し、平戸の認知度と福田酒造のことを少しでも多くの人に知ってもらおうと信治さんは頑張っています。

創業者福田長治兵衛門が『酒造りは、心で造り、風が育てる。』と語り伝え、平戸の風土と代々受け継がれてきた酒造りの技によって育てられてきた伝統的な福田酒造。創業以来、数々の困難に果敢に立ち向かい歩み続けてきた先人たちの「努力と先見性」を誇りとし、福田兄弟はこれからも挑戦し続けます。

生産者ストーリー

生産者ストーリー

みんなが笑顔になれるようなお酒作り

小さい酒蔵なので基本的にはすべて手作りで行っています。平戸の水・米・人・土地・風土で作り上げたお酒です。
美味しいと感じてもらう以上に飲んだ時に作っている人や作られている場所などがイメージできるようなお酒を目指しています。
目の前が漁協なので、平戸のお魚にもとても合うように作っています。

みんなが笑顔になれるようなお酒作り

お礼の品の特徴

●元祖じゃがいも焼酎、『じゃがたらお春』
全国一の生産好適地「長崎県産」の新鮮な豊富なじゃがいもを原料にして、最新の技術研究により蒸留、貯蔵し開発した”のみ易く、すっきりした本格焼酎”です。
原料のじゃがいもは”カリウムの宝庫であり、壊れにくいビタミンC”等々が多く含まれています。

・720ml
・アルコール度数:25度


●『かぴたん』
インスパニア語で『キャプテン』という意味で、『本格焼酎の先導役になってほしい』との願いを込め、昭和32年より本格的に貯蔵熟成し、商品化しています。
最新の技術により、精選されたまろやかな舌ざわり、独特の風味ある焼酎です。

・720ml
・アルコール度数:35度

生産者ストーリー

ふるさと納税のおかげで少しずつ活性化しています!

平戸市は年々、人口減少に悩んでいて、若い人たちがどんどん外に出て行ってしまっています。平戸市の南部になるとその状況はもっとひどく、会社の従業員も減っています。そんな中で、ふるさと納税が始まり、ふるさと納税に出すために加工業を初めたというところもあるので、加工業や第一次産業が共に潤ってきたと思います。ふるさと納税には感謝しています。平戸の温かい人たちが作った農産物・加工品を食べて、こんな人たちが作っているんだと思ったら、今度はぜひ平戸に遊びに来てください!!

生産者ストーリー