活用事業のご紹介

世界遺産「春日集落・安満岳・中江ノ島」への観光客誘客と交通環境整備を図りました。

たからをみせるプロジェクト
2019.05.24
ふるさと寄附での充当金額 3,701,540

【活用事業:世界遺産登録推進受入環境整備事業】

平成30年世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」である春日集落・安満岳・中江ノ島への観光客の誘客及び交通アクセスの改善や周遊環境を充実させるための環境整備を図りました。

【事業内容:世界遺産への観光客誘致のための環境整備】

■世界遺産周遊定期観光バス運行事業 小計 4,700,000円

世界遺産に登録された中江の島及び春日集落を巡る定期観光バスを運行しました。
運行期間:平成30年4月20日~平成31年3月31日
実績人数:1,294名

■世界遺産シャトルバス運行 小計 283,079円

世界遺産に登録された春日集落への円滑な移動と交通アクセスの改善を図るため、島の館と春日集落間のシャトルバスを運行しました。
運行期間:平成30年6月30日~平成30年12月16日
実績人数:延べ37名(6日間)

■世界遺産等旅行商品造成  小計 2,420,000円

世界遺産登録のPR及び宿泊客の増客を図るため、世界遺産構成資産等を組み込んだ旅行商品に対しての支援しました。
実施期間:平成30年5月1日~平成31年3月31日
実績人数:2,463名(6社)

観光客に対して交通費の一部を支援しました

たからをみせるプロジェクト
2019.05.24
ふるさと寄附での充当金額 5,750,000

【活用事業:公共交通機関等利用促進事業】

平戸市の課題となっている2次交通アクセスを改善するため、平戸に宿泊する観光客に対して、バス・レンタカー・鉄道・船等の交通費の一部を支援し、交通アクセスの利便性の向上と観光の活性化を図りました。

【事業内容:観光客への交通費の一部支援】

■キャッシュバック実績
・福岡平戸直行バス     2,504,000円(5,008名)
・レンタカー利用     5,340,000円(1,780名)
・大島フェリー利用      145,000円( 290名)
・度島フェリー利用      69,500円( 139名)
・松浦鉄道利用       78,000円( 156名)
・西肥バス利用       46,000円(  92名)
・生月バス利用       9,500円(  19名)
・観光タクシー利用      33,500円(  67名)
・津吉商船利用         5,000円( 10名)
・クルーズ利用           0円( 0名)
・福岡平戸きっぷ        8,000円(  16名)
・YOKARO        19,000円(  38名)

 小計           8,257,500円(7,615名)

■PR経費
・チラシ等制作    
・WEB広告PR
・テレビ広告PR
・その他経費

 小計 3,242,500円

宿泊施設のバリアフリー化を支援しました

たからをみせるプロジェクト
2019.05.24
ふるさと寄附での充当金額 8,000,000

【活用事業:観光施設バリアフリー化支援事業】

本市を訪れる観光客の多くは、40代以上であることや市内の宿泊施設の多くは、老朽化していることから、施設のリニューアル化と交流人口の拡大を図るために、バリアフリー化を行う施設に対し補助をしました。

【事業内容:観光施設のバリアフリー化をする施設に補助を行う】

 宿泊施設バリアフリー化支援施設 4件

■旅館 田の浦温泉
 全体事業費3,357,504円(補助額2,000,000円)
 ・2階廊下段差解消
 ・2階洗面台改修(バリアフリー対応)
 ・1階浴室手摺設置、洗面台改修

■平戸ユースホステル グラスハウス
 全体事業費3,161,160円(補助額2,000,000円)
 ・1階段差解消(洗濯室)
 ・2階トイレ洋式化・段差解消

■ゲストハウス シーサイドひらど
 全体事業費3,888,000円(補助額2,000,000円)
 ・1階段差解消
 ・玄関スロープ設置
 ・1階トイレ洋式化

■ビジネスホテル平戸
 全体事業費3,067,200円(補助額2,000,000円)
 ・2階~6階手摺設置
 ・風呂場の段差解消及び手摺設置

インフルエンザ予防接種費用の一部を助成しました

くらしをまもるプロジェクト
2019.05.22
ふるさと寄附での充当金額 3,578,200

【活用事業:予防接種事業】

季節性インフルエンザの感染防止、重症化防止、地域内での流行・まん延防止のため、小中学生を対象に予防接種費用の一部助成を行いました。

【事業内容:インフルエンザ予防接種費用の助成】

■子供インフルエンザ予防接種
季節性インフルエンザの予防接種について、小中学生を対象に接種費用の一部助成を実施しました。
小中学生負担軽減(個人負担 3,640円→1,000円)

(H30実績)小学生 1,066人、中学生 288人
 

婚活イベントを開催しました

まちをつくるプロジェクト
2019.05.22
ふるさと寄附での充当金額 1,960,956

【活用事業:地域めぐりあい創出事業】

市の少子化の主な要因とされている晩婚化や未婚率の上昇に歯止めをかけるため、独身男女のめぐりあいの場を提供する婚活イベントを開催しました。

【事業内容:婚活イベントの開催】

【平戸市結婚支援業務委託】委託料1,960,956円
民間のノウハウを活かし、結婚を希望する市内独身男女に対するめぐりあいの場の提供及びフォローアップのサービスの質を高めることにより、交際および成婚につなげる結婚支援業務の円滑な展開に寄与することを目的とし、民間業者に委託しました。


■婚活イベント等の開催
 平戸市内独身男女を対象とした婚活イベントやセミナーなど男女のめぐりあいの場を提供するイベント(催し)等の企画・運営を行いました。

○イベント開催  
・H30.9.9(日)『平戸 DE クルーズ婚!』
  参加人数 男性10名 女性10名 カップル成立数7組
・H30.11.18(日)『平戸 DE ゴルフ婚!in SASEBO』
  参加者集まらずイベント中止
・H31.1.27(日)『旅行気分 DE 駅弁婚!』
  参加人数 男性9名 女性5名 カップル成立数5組

■イベント前 男性向けオリエンテーション   
 参婚活イベントに申し込んだ男性に対し、事前に服装や心構え、イベント後のメールのやり取りなどについてアドバイスを行いました。また、恋愛結婚力テスト(CQ個性分析テスト)の結果をもとに個別に婚活に対するアドバイスを実施しました。

・H30.9.4(火) 9/9クルーズ婚分 参加者5名
・H31.1.23(水) 1/27駅弁婚分   参加者6名

■定例相談会(結婚支援フォロー)
 市内独身者やその家族を対象とした婚活についての相談会を実施しました。

・H30. 8.26(日)参加者: 9名
・H30.10.28(日)参加者: 6名
・H30.12.9(日)参加者: 4名
・H31.3.10(日)参加者: 4名


■フォローアップ
 平戸市内独身男女を対象とした婚活イベントなど男女のめぐりあいの場を提供するイベント(催し)等の終了後の参加者に対するフォローアップを実施しました。