活用事業のご紹介

不妊治療費の一部を助成しました

くらしをまもるプロジェクト
2020.06.16
ふるさと寄附での充当金額 1,956,870

【活用事業:不妊治療支援事業】
不妊治療にかかる費用について一部助成し、夫婦の経済的負担を軽減することで、子どもを産み育てやすい環境の更なる充実を図り、出生率向上に資する。

【事業内容:不妊治療費用の一部助成及び不妊治療に関する専門相談窓口の設置】
①不妊治療費助成事業
 不妊治療に係る費用の一部助成
  一般不妊治療 上限額 1回10,000円
  特定不妊治療 上限額 1回100,000円
②不妊治療相談
 生殖医療相談士を招へいし、予約制による専門相談を開催しました。

インフルエンザ予防接種費用の一部を助成しました

くらしをまもるプロジェクト
2020.06.16
ふるさと寄附での充当金額 4,335,408

【活用事業:予防接種事業】
季節性インフルエンザの感染防止、重症化防止、地域内での流行・まん延防止のため、小中学生を対象に予防接種費用の一部助成を行う。

【事業内容:インフルエンザ予防接種費用の助成】
 季節性インフルエンザの予防接種について、未就学児を対象に費用助成を行っていたものに加えて、対象を小中学生に拡大し接種費用の一部助成を実施しました。
【R1実績】未就学児1,386件、小学生1,099件、中学生287件

自主防災組織の育成・強化を行いました

まちをつくるプロジェクト
2020.06.15
ふるさと寄附での充当金額 1,119,900

【活用事業:自主防災組織育成事業】
自主防災組織を育成・強化し「災害に強いまちづくり」を推進する。

【事業内容:自主防災組織の育成と防災士資格取得の推進】
各地区の自主防災組織の育成及び防災に関する知識や技術を有する防災士資格の取得を推進しました。
■自主防災組織の育成
 全体研修会の開催 1回 参加者 192名
 自主防災組織研修・訓練 102回
■防災士資格取得の推進
 令和元年度資格取得者 15名
 (内働きかけによる者 15名)
 (内防災士資格取得者への補助 15名×8,000円=120,000円)

婚活イベントを開催しました

まちをつくるプロジェクト
2020.06.15
ふるさと寄附での充当金額 2,477,200

【活用事業:地域めぐりあい創出事業】
市の少子化の主な要因とされている晩婚化や未婚率の上昇に歯止めをかけるため、独身男女のめぐりあいの場を提供する婚活イベントを開催する。

【事業内容:婚活イベントの開催】
【平戸市結婚支援業務委託】
民間のノウハウを活かし、結婚を希望する市内独身男女に対するめぐりあいの場の提供及びフォローアップのサービスの質を高めることにより、交際および成婚につなげる結婚支援業務の円滑な展開に寄与することを目的とし、民間業者に委託しました。

コンペ方式で委託業者を選定し、その委託業者が企画する婚活イベントを3回開催しました。3回で男性16人、女性15人が参加し、マッチングアプリを介して16組のカップルが成立しました。また、アフターフォローとして個別婚活相談会を4回開催しました。

CO2排出ゼロ都市推進事業を実施しました

まちをつくるプロジェクト
2020.06.15
ふるさと寄附での充当金額 2,892,110

【活用事業:CO2排出ゼロ都市推進事業】
平成26年9月に、「平戸市CO2排出ゼロ都市宣言」を行ったことから、CO2削減のため、市民一丸となった取組及び、企画・推進を図る。

【事業内容:緑のカーテン事業、資源物拠点回収支援事業】
■緑のカーテン事業
 ゴーヤ植栽による緑のカーテンを張り巡らせ、夏季の室内冷房設定温度を高くすることにより、CO2排出量の削減と省エネルギーに取り組みました。(団体;市内教育施設、福祉施設、市庁舎等 合計65施設、個人;7名参加)
【事業費】委 託 料;715,480円
     記念品代; 76,630円
■資源物拠点回収支援事業
 ごみ減量化に取り組む団体又は市との協定に基づき古紙類の回収を実施する事業者に対し、一時保管倉庫の購入・整備に要する経費の一部を補助しました。
【事業費】倉庫等購入;1箇所 100,000円
     拠点回収施設整備;2箇所 2,000,000円

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17