トップページ使い道と実績活用事業のご紹介

①輝く人づくりプロジェクト

絵本はじめましてブックスタート事業を実施しました

ふるさと寄附での充当金額 996,408

【活用事業:絵本はじめましてブックスタート事業】

 温かみのある、豊かな心を育む教育の充実を図るもの。

【事業内容:保育園、幼稚園、子育てサークルなどで、読み聞かせ、移動図書館として訪問を実施する経費】

 市が行う0歳児検診などの機会に、「絵本」と「赤ちゃんと絵本を楽しむ体験」をプレゼントする活動が「絵本はじめましてブックスタート事業」です。赤ちゃんと保護者が、絵本を介して心ふれあう時間を持つきっかけを届けるため、市内全域で展開しました。

 ■ブックスタートパック購入 600セット
  (絵本600冊・コットンバッグ300枚)

 ■実施数 226組

①輝く人づくりプロジェクト

公民館を利用した土曜学習を行いました

ふるさと寄附での充当金額 87,715

【活用事業:公民館土曜学習事業】

  安全安心な子供の居場所を提供でき、地域におけるボランティア講師等を発掘し、ボランティアの活躍の場を提供する。子供の健全育成や学力向上にも寄与することも期待できる。温かみのある、豊かな心を育む教育の充実を図るもの。

【事業内容:土曜日の子供の居場所確保の実施】

  土曜日の小学生の居場所の確保と社会教育の有する人的資源を活用することによる体験活動や自主学習の場所の提供、コーディネーターによる体験等のプログラム受講ができる体制を整えさせていただきました。

   ■開催回数 4回
    □たびら昆虫園散策・体験・磯遊び体験 21名
    □映画鑑賞・マジック教室       21名
    □安満岳登山・島の館・生月・春日探訪 18名
    □囲碁・将棋教室・中部地区散策    16名

①輝く人づくりプロジェクト

図書の購入を行いました(平戸未来創造館)

ふるさと寄附での充当金額 20,000,000

【活用事業:図書購入事業】

  温かみのある、豊かな心を育む教育の充実を図るもの。

【事業内容:図書館の図書購入

 平戸未来創造館において、利用者のニーズにあった図書をはじめとする様々な資料等を購入し、住民へのサービス向上、図書館としての機能向上を図りました。おかげさまで、昨年(平成27年)8月1日に開館した平戸未来創造館は、毎日たくさんの方に入館いただいており、今年3月6日には入館者が10万人を超えました。
 
 平戸未来創造館は開館以来、毎日平均470人の来館者があり、公民館と図書館、そして少年センターの併設施設として、各種講座やイベント、10万冊の蔵書と居心地のよい図書館利用など、市民のみなさんに気軽にご利用いただいている人気の施設となっています。

  ■購入実績
  ・一般書 6,011冊
  ・児童書 1,324冊
  ・雑誌 1,176冊
  ・新聞 12誌
  ・音楽映像資料(DVD等) 143点
  ・オンラインデータベース 2通信
   (ナクソス・ミュージック・ライブラリー、西日本データベース)

②宝を磨き活かすプロジェクト

世界遺産登録の推進を行いました

ふるさと寄附での充当金額 9,955,747

【活用事業:世界遺産登録推進事業】

 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録を目指した活動の推進を図るもの。

【事業内容:「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の世界遺産登録の推進

 イコモス調査(本番・シミュレーション)、環境整備、普及啓発に関する空撮動画、のぼり旗・ポスター・ステッカー・パンフレット冊子の作成、ツアー受け入れ体制の整備(教会守設置、田平教会トイレ管理)、世界遺産普及啓発講演会の開催などの取り組みを行いました。

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト

6次産業化の推進を行いました

ふるさと寄附での充当金額 800,000

【活用事業:6次産業化推進事業】

 農林漁業者等の所得向上を図るため、生産から加工販売まで行う6次産業化への取り組みに対し、初期投資の軽減や経営の安定化を支援し、産業振興を図るもの。

【事業内容:6次産業化のための施設整備等経費の補助】

 ■6次産業化支援事業補助金
  ・助成事業者数:1者
  ・総事業費:1,080,000円
  ・補助金額:800,000円
  ・事業内容:レトルトカレーを販売するための、機械設備(アルミパウチ対応真空機)の導入。

特典:0個選択中 [ 計:0pt ]