活用事業のご紹介

幼児を対象とした健康診査事業を実施しました

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト
2018.05.22
ふるさと寄附での充当金額 1,046,670

【活用事業:幼児健康診査事業】

①幼児健診(度島地区)
  受診対象者の経済的・時間的負担を軽減するため、離島地区で集団健診を実施する。
②乳幼児発達専門相談
  乳幼児健診等で発達状況に気付きがあった児の保護者に対して、適切な早期療育につなげるため、専門職による相談事業を実施。
③5歳児発達健康診査
  5歳児(年中児)を対象に、発達障害の早期発見、早期療育を目的とした健診を、市内すべての保育所・幼稚園で実施する。
④保育所・幼稚園訪問指導
  5歳児発達健診で発達状況に気付きがあった児について、保育士、保護者が連携した支援に取り組めるよう、専門職による訪問指導を実施する。
⑤フッ化物塗布事業
  幼児期の虫歯予防のため、幼児を対象に歯のフッ化物塗布を行う。

【事業内容:】

①幼児健診(度島地区)
  度島島内で年2回、幼児集団健診を実施。
②乳幼児発達専門相談
  乳幼児健診等で発達状況に気付きがあった児の保護者を対象に、専門職による相談事業を実施しました。
 【H29実績】小児3回、心理5回
③5歳児発達健康診査
  市内の保育所・幼稚園において、5歳児(年中児)を対象に、発達障害についての健診を実施しました。
 【H29実績】23施設
④保育所・幼稚園訪問指導
  5歳児発達健診で発達状況に気付きがあった児を対象に、専門職による園の訪問指導を実施しました。
 【H29実績】4施設
⑤フッ化物塗布事業
  1.6歳児健診から4歳の誕生日の前日までの幼児を対象に歯のフッ化物塗布を無料で実施しました。
 【H29実績】のべ417件

6次産業化推進事業を実施しました

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト
2018.05.22
ふるさと寄附での充当金額 5,000,000

【活用事業:6次産業化推進事業】

農林漁業者等の所得向上を図るため、生産から加工販売まで行う6次産業化への取り組みに対し、初期投資の軽減や経営の安定化を図り、新たな付加価値を生み出すことを目的とする。

【事業内容:6次産業化支援事業補助金】

地域の特性を活かした農林水産物の有効活用や新商品の開発など6次産業化を推進し、地場産業の育成と雇用の促進を図るため支援を行いました。
■6次産業化支援事業補助金
 ・補助対象者:(有)松永水産
 ・総事業費:12,630千円円(税込)
 ・補助金額:5,000千円(補助対象経費×2/3以内5,000千円上限)
 ・事業内容:水産加工場新設

母子健康診査と健康相談を実施しました

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト
2018.05.22
ふるさと寄附での充当金額 864,050

【活用事業:子育て支援事業】

①乳児(個別)健康診査事業
  市が実施する集団健診を受診できなかった乳児に対して、医療機関での個別健診を実施することで、受診率の向上と疾病等の早期発見を図る。
②乳児健診(度島地区)
  受診対象者の経済的・時間的負担を軽減するため、離島地区で集団健診を実施する。
③母乳育児対策事業
  市内に産婦人科医療機関がないため、市が実施する母子健康相談の際に、助産師による母乳育児に関する助言指導を実施することで、母子の不安軽減を図り、健やかな成長を支援する。


【事業内容:母子健康診査・健康相談】

①乳児(個別)健康診査事業
  母子手帳交付時に、県内の指定医療機関で利用できる乳児健診受診券を交付する。受診者は乳児個別健診を受診する際に医療機関へ受診券を提出し、健診委託料を市が支払いました。
【H29実績】のべ127件
②乳児健診(度島地区)
  度島島内で年2回、乳児集団健診を実施しました。
②母乳育児対策事業
  妊婦・母子健康相談の際に母乳育児に関する助言、乳房チェック行い、必要に応じて乳房マッサージ等の訪問指導を行いました。
【H29実績】母子健康相談時12回、訪問12件

ICT教育の推進に取り組みました

①輝く人づくりプロジェクト
2018.05.22
ふるさと寄附での充当金額 29,462,670

【活用事業:ICT教育推進整備事業】

児童生徒の理解力向上及び校務の効率化を図るために、学校、児童生徒の実態に応じたICT教育環境の整備を図り、タブレットPCなどを用いた教材作成など、ICT機器を学びのツールとして活用することを目的とする。

【事業内容:ICT機器の導入及び環境構築】

平戸市ICT教育ビジョンに基づきICT機器を整備しました。
◆ICT機器の導入及び環境構築
[26,006,670円(小:13,459,028円 中:12,547,642円)]
・着脱式タブレット39台(小:19台 中:20台)
・アクセスポイント100台(小:52台 中:48台)
・カラープリンター3台(小:1台 中:2台)
・アクセスポイント管理及び無線構築業務他
◆小学校デジタル教科書[3,456,000円]
・3教科(社会・算数・理科)



妊婦健診にかかる費用の一部を助成しました

③ずっと住みたいまち創出プロジェクト
2018.05.22
ふるさと寄附での充当金額 5,829,100

【活用事業:安心出産支援事業】

市内に産婦人科がないため、市内に居住している妊婦の出産に際し、健康診査・出産にかかる交通費等の一部を助成することにより、経済的負担の軽減を図る。あわせて、超音波検査のうち公費負担外となっている検査料の一部を助成することにより、受診率向上を促し母子の適切な健康管理に資する。

【事業内容:妊婦健診にかかる費用の一部を助成】

妊婦健診にかかる交通費等と超音波検査料の一部を助成しました。平成29年度からは出産準備扶助費として単価を統一した新制度を実施しました。
①安心出産支援事業助成金(離島地区以外)
 【H29実績】旧制度分 124件、新制度分 167件
②離島地区安心出産支援事業助成金
 【H29実績】旧制度分 9件、新制度分 5件

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17