活用事業のご紹介

西本智実さんを迎え、世界遺産登録記念コンサートを開催しました

たからをみせるプロジェクト
2019.05.30
ふるさと寄附での充当金額 5,658,000

【活用事業:世界遺産コンサート開催事業】

平戸名誉大使である世界的指揮者の西本智実さんを迎え、世界遺産登録記念コンサートを開催しました。


【事業内容:世界遺産コンサートの実施】

「西本智実&イルミナートフィル世界遺産登録記念コンサート」

開催日:平成30年10月11日(木)
場 所:平戸文化センター大ホール

西本さんの指揮によるイルミナートフィルオーケストラの演奏のほか、生月町壱部地区のかくれキリシタン信者に口伝されている「オラショ」と、「オラショ」の原曲とされる「オ・グルリオザ・ドミナ」(グレゴリオ聖歌)が同時に合唱されました。

シティプロモーションの意識形成のため職員研修を実施しました。

たからをみせるプロジェクト
2019.05.30
ふるさと寄附での充当金額 827,579

b>【活用事業:シティプロモーション推進事業】

今後シティプロモーションを積極的に推進していくために、職員の意識向上を図ることを目的に職員研修を実施しました。

【事業内容:シティプロモーション職員研修の実施】

■職員研修の実施

■平戸市シティプロモーションガイドラインを作成

観光協会の改革とインターンシップ学生との連携による観光情報の発信を行いました。

たからをみせるプロジェクト
2019.05.28
ふるさと寄附での充当金額 2,784,000

【活用事業:観光人材育成プログラム事業(総合戦略)】

観光協会の組織改革を図り、新しい観光戦略を立て直す平戸版DMO組織を構築するため、DMO専門家を観光協会へ招聘するとともに、大学生を活用した人材育成を実施しました。

【事業内容:観光協会の改革とインターンシップの受け入れ】

■平戸版DMO専門家1名招聘
  雇用条件:基本給500,000円 月20日勤務 
  ・平戸版DMOの設立に向けた検討会議の運営
  ・観光客・観光消費額の調査分析及び課題の整理
  ・平戸版DMOの設立計画書の作成等
  ・マーケティング調査

■インターンシップ(延385名実績)
 県内外の大学と連携し、観光案内所や観光施設、宿泊施設での観光人材研修を実施したほか、体験観光の受入れのサポートを行ったりしました。また、インターンシップ学生による観光PR動画を作成し、SNSを活用した情報発信を実施しました。

オランダのノールトワイケルハウト市と姉妹都市交流を行いました

たからをみせるプロジェクト
2019.05.28
ふるさと寄附での充当金額 2,338,456

【活用事業:ノールトワイケルハウト市姉妹都市交流事業】

西暦2000年の長崎オランダ年を契機に、オランダ王国ノールトワイケルハウト市と交流を始めました。その後、平戸オランダ商館1639年築造倉庫が復元されることを記念し、平成23年9月18日姉妹都市締結をしています。
今後の、両市のさらなる友好と交流の発展を目的に青少年交流訪問団を派遣し、短期留学(2週間程度)による相互の交流事業を行っています。
期間中は、ホームステイ、オランダの学校訪問や異文化体験、市民間交流などお互いの文化、生活の違いを体感することにより国際理解を深めました。平戸の将来を担う子どもたちの国際的な視野を広げることを目的としています。


【事業内容:ホームステイ、オランダの学校訪問や異文化体験、市民間交流など】

■高校生短期留学
本市受入ではオランダ人生徒が市内高校生参加者宅へホームステイし、市内の高校へ通学し特別準備した教育プログラムを受けました。また、様々な体験を通じ日本文化に触れてもらいました。
オランダ訪問中はホストファミリー宅からパートナーの生徒と一緒にレーウェンホルスト中高学校へ通学し教育プログラムを受けました。また、市役所表敬訪問や老人ホームでのボランティアを通じ異文化体験を行いました。

・オランダ訪問  
 1月(14泊15日)
 (参加者)市内高校生12人、随行教員1人、国際交流員1人、市随行員1人 計15人


・平戸市受入 
 10月(11泊12日)

オランダ訪問には、平成29年度に実施したGCF(ガバメントクラウドファンディング)で応援いただいた寄附金も使わせていただいています。

世界遺産登録推進事業を実施しました

たからをみせるプロジェクト
2019.05.28
ふるさと寄附での充当金額 18,543,712

【活用事業:世界遺産登録推進事業】

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の平成30年世界文化遺産登録を踏まえ、下記事業を実施しました。
・イコモス勧告及び登録決定時に実施する事業
・市民への普及啓発をはかる事業
・構成資産における受入れに要する事業

【事業内容:イベントの実施及び備品の整備】

■イコモス勧告及び登録決定時に実施する事業
 ・イコモス勧告時イベント(5月) 185,545円
 ・世界遺産登録決定時イベント  348,004円
 ・登録勧告シール作製  21,600円
 
■市民への普及啓発をはかる事業
 ・登録記念シンポジウム開催  295,064円
 ・平戸市キリシタン資料集作成  1,307,540円
 ・周遊マップ・市内外向け情報発信  122,249,424円
 ・現地見学バスツアー  353,020円
 ・世界遺産普及啓発海洋クルーズ  199,908円

■構成資産における受入れに要する事業
 ・世界遺産登録銘板 9,324,360円
 ・世界遺産登録後の情報発信(ダイジェスト展示) 3,641,720円
 ・島の館企画展示室プロジェクター等  644,527円

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17