活用事業のご紹介

返礼品を探す
カテゴリーから探す

ICT教育の推進に取り組みました

ひとをそだてるプロジェクト
2022.10.12
ふるさと寄附での充当金額 14,480,808

 【活用事業:ICT教育推進整備事業】学校、児童生徒の実態に応じたICT教育環境の整備を図り、ICTを学びのツールとして活用することで、児童生徒の理解力向上の一助となるだけでなく、教職員の教材研究や授業準備の効率化、ICT活用指導力向上を図ることを目的としています。【事業内容と実績:ICT機器の導入及び環境構築】 〇デジタル教科書の活用児童生徒が授業内容への興味や関心を高め理解を深めるためにデジタル教科書(指導用)を活用するもので、小学校は3教科(「算数」1~6年、「理科」3~6年、「社会」5~6年)、中学校は5教科(「国語」1~3年、「数学」1~3年、「理科」1~3年、「社会」1~3年、「英語」1~3年)において活用しました。〇デジタル教材(学習ドリル)の活用 タブレットで利用できる学習用ドリルを導入することにより、児童生徒の学習状況を把握し、個別の学習支援につなげることができました。

すみずみまで本を届ける事業を実施しました

ひとをそだてるプロジェクト
2022.10.12
ふるさと寄附での充当金額 4,054,384

 【活用事業:すみずみまで本を届ける事業】図書館が幼児から高齢者まで市民全てを利用対象とし、すべての人が平等にいつでも無料で利用できるサービス基盤を重視するという観点から、図書館へのアクセスに不利な地域の市民に本や情報を提供しています。【事業内容と実績:公民館図書室、サービスポイント、学校への団体貸出・配本を行う】 平戸図書館、永田記念図書館を中心に、公民館図書室や保育所、小中学校、老健施設への団体貸出や配本を行っています。公民館・学校図書館には、図書の配架や選書などの支援も併せて行いました。また、各地域の行事等に出張図書館として出向き、本の貸出、予約、新規利用登録受付など市内各地に居住する市民に対し、図書館をより認識してもらうサービスを行っています。

寺院と教会の見える道を整備しました

まちをつくるプロジェクト
2022.10.12
ふるさと寄附での充当金額 3,593,700

【活用事業:寺院と教会の見える道路整備事業平戸を代表する観光スポットであり、年間を通して観光客が多く訪れますが、未舗装のため雑草が繁茂し景観を損ねていました。観光ルートである「寺院と教会の見える道路」の美装化を行うことによって、観光振興に寄与するとともに、地域住民の利便性の向上を図りました。事業内容と実績:寺院と教会の見える道路の整備寺院と教会の見える道路の整備として、未舗装部分の防草対策工事を行いました。また、眺望を阻害していた樹木の伐採工事も併せて実施し、景観の向上をおこないました。整備前は雑草が繁茂し、観光客の皆様や地域の利用者の方が通行しにくく、景観も損ねておりましたが、整備後は一年を通してきれいな状態となり、平戸を代表する景観である「寺院と教会の見える景色」を良好に維持できるようになりました。

漁業生産を支えるための栽培漁業や資源管理型漁業の推進を図りました

しごとをひろげるプロジェクト
2022.10.12
ふるさと寄附での充当金額 3,844,500

 【活用事業:地域重要資源維持・回復支援事業】 本市の水産業において特に重要な魚種を「地域重要資源」に位置付け、栽培漁業(種苗放流)及び資源管理型漁業(科学的根拠に基づく漁獲規制措置の導入)の推進を図ることにより、本市における重要資源の安定的な生産及び漁業者の収入確保に繋げます。 【事業内容と実績:漁業生産を支えるための栽培漁業や資源管理型漁業の積極的な推進】 ■カサゴ・放流尾数:10,000(全長50mm以上)・放流場所:白浜地区・生産機関:壱岐栽培センター■ヒラメ・放流尾数:12,000(全長70mm以上)・放流場所:志々伎地区・生産機関:佐世保市水産センター■クロアワビ・放流個数:25,000個(殻長25mm以上)・放流場所:生月地区、中野地区(各10,000個ずつ)田平地区(5,000個)・生産機関:長崎県栽培漁業センター【事業実施による成果】本市において重要な水産資源として位置付ける3種の種苗放流を実施したことで、当該水産資源の市内での生産維持に寄与することができました。

次代を担う漁業後継者育成支援事業

しごとをひろげるプロジェクト
2022.10.12
ふるさと寄附での充当金額 2,077,000

 【活用事業:次代を担う漁業後継者育成支援事業】漁業技術を習得する実践研修を受けて新たに漁業を営もうとする人(研修生)及びその研修を受け入れた漁業者(指導者)を支援することで、本市の基幹産業である漁業への新規就業者の確保や定着を図り、持続的な漁業生産と漁村地域の活力維持を目的としています。 【事業内容と実績:漁業就業実践研修事業漁業就業実践研修事業(4件)【経営者育成コース(1件)】・研修内容 一本釣、アゴ網 ・研修期間 令和3年10月~令和4年3月【漁家子弟コース(3件)】・研修内容 一本釣、固定式刺網、延縄、定置網、カゴ、採介藻・研修期間 令和3年4月~令和4年3月 ②事業実施による成果 操船技術や漁具作成、漁労機械操作など操業技術の全般を習得するため実践研修を実施したことで、地域の漁業の担い手として期待される漁業後継者の育成に寄与することができました。